日本初となる禁煙の飲み薬

禁煙と一口に言いまして、世の中には実にたくさんの禁煙方法があり、そのほとんどが効果のないものばかり…。
おそらく今この文章をご覧の皆さんも、今まで何度となく「タバコをやめよう!」と決意しては失敗されてきたことでしょう。

昨今、タバコを吸う人間は正に煙たがられる存在といった風潮があり、タバコを吸える飲食店も減り、吸えることが許される場所でさえも建物の隅っこなどの一角へと追いやられてきており、喫煙者にとっては大変住みづらい世界になりつつあります。
更にタバコの税率も消費税と共に値上げの一方となってきている今こそ「本気で禁煙」を始める時なのです。

しかし、世の中には星の数ほど禁煙方法があるため、これから禁煙をしようと考えている方の多くが「結局どの禁煙方法が一番良いのか?」「一発で成功する禁煙方法は存在するのか?」「最短でやめる事ができるものは?」といった疑問をお持ちかと思います。
そこでご紹介したいのが医学的な禁煙方法です。
人類の目覚ましい医学進歩により誕生した「禁煙の医学成分」が存在するのです。

その名も「バレニクリン酒石酸塩」という成分で、ファイザー製薬より「チャンピックス」という商品として販売されております。
これは日本初の医学的根拠にもとづいた経口(飲み薬)タイプの禁煙補助薬であり、まゆつばモノの禁煙方法で何度も失敗を繰り返すよりも、より確実に禁煙を達成することが可能となります。

使い方についても非常に簡単で、まずはスターターパックから開始し、徐々に量を増やしながら14日間継続して服用するというものです。
それ以降は、メンテナンスパックが販売されておりますので、そちらを続けて服用していくことで「完全にタバコをやめる」ということが可能になります。

ご自身の健康のためにはもちろんのこと、あなたの周りにいる人たち(愛する家族、友人、恋人、ペット)に有害な受動喫煙(副流煙)を浴びせないためにも、出来るだけ早く禁煙治療をスタートさせましょう。