チャンピックスで禁煙しようとしている男性

禁煙治療に最適な医学成分を配合したチャンピックスの使い方をご紹介します

2014年06月の記事一覧

禁煙外来について

タバコを吸う事で体には様々な悪影響があります。
例えば肺組織の破壊や、動脈硬化になりやすくなる等です。
このように多くのリスクを伴う喫煙ですが、健康に良くないから止めようとしても、なかなか難しいのも事実です。
なぜならタバコに含まれるニコチンには強い依存性があるからです。
そのため禁煙中は気持ちがイライラする等の様々な作用にも対処しなければなりませんが、こういった対処には本人の努力だけでは限界があります。
そこで有効なのが、病院の力を借りて治療するという方法です。
医師という専門家のサポートの元で治療をする事で、間違った禁煙をしてしまう心配もないですし、成功の確率も高くなります。
近年では禁煙外来という科を設けて、禁煙治療を専門で行ってくれる病院も増えてきています。
禁煙外来について具体的な治療の流れをご説明します。
禁煙外来では基本的に12週間に5回診察を受けるというスタイルになります。
最初の診察で喫煙状況等の確認があり、患者さんにとって最も適切な治療方法が取られます。
その後の診察で毎回、一酸化炭素濃度の測定や、治療の進み具合に合わせたアドバイス等を受けて治療が進んでいきます。
また、病院での治療となると経済面が心配という方もいらっしゃいますが、禁煙外来で禁煙治療をすると健康保険の適用を受ける事が出来る場合もあるので、経済面でも安心して治療を受ける事が出来ます。

続きを読む

スターターとメンテナンス

タバコは体に害を与えることで知られており、吸っている本人だけではなく副流煙でまわりの人の健康に影響を与えてしまう場合もあります。
それゆえに禁煙に挑戦する方は多いですが、やはりニコチン切れの症状のつらさから、長続きできないという方も少なくありません。
どうしてもタバコをやめられない場合は禁煙治療も検討してみてはいかがでしょうか。
チャンピックスは話題の禁煙をサポートしてくれる薬で基本的に12週間継続していくこととなります。
チャンピックスはニコチン切れの症状の緩和に役立ってくれるのはもちろん、タバコを美味しく感じさせないようにする効果も期待できる薬です。
ニコチンガムなどもニコチン切れの症状の緩和に役立ちますが、やはり少量のニコチンを使うこととなります。
チャンピックスはニコチンを使わずにニコチン切れの症状を緩和することができるのが特徴で、最初の一週間はタバコを吸いながら治療を行うことができます。
スターターとメンテナンスパックが用意されており、スタータは14日目を服用することで一箱終了となります。
そして15日目移行はメンテナンスパックに切り替えていくこととなります。
メンテナンスパックもスタータパック同様に14日分で一箱です。

続きを読む

チャンピックスの薬理作用

私たちは日々健康でありたいと願っています。
健康でなければなにもすることはできません。
仕事は勿論のこと、家事やスポーツや人付き合いも健康でなければできないのです。
その健康に注目が集まるようになり、今では健康ブームとさえ言われています。
体に良い食べ物や飲み物と謳っている健康食品やヨガやウォーキングなどの様々な運動も健康への表れです。
世の中自体がより健康志向へと向かっているのです。
しかし、中には健康とは真逆の方向へと進んでいくものがあります。
それがタバコです。
タバコには発がん性物質を含む有害物質が沢山含まれています。
また、中毒性も強く、一度吸い始めたらなかなかやめることはできません。
少しずつ少しずつ体を蝕んでいくのです。
このタバコをやめたいと考えている人も中には存在します。
それらの人たちが利用するのが禁煙グッズです。
世の中には様々な禁煙グッズがありますが、その中でも最近注目を受けているのがチャンピックスです。
これは禁煙のための飲み薬です。
チャンピックスの薬理作用は中毒性の高いニコチンが切れてもイライラしないようにする効果があります。
また、タバコを吸った時の満足感を感じにくくする効果もあります。
これらの効果でタバコを止めた人たちから絶大な評価をもらっている薬なのです。

続きを読む