チャンピックスで禁煙しようとしている男性

禁煙治療に最適な医学成分を配合したチャンピックスの使い方をご紹介します

2015年05月の記事一覧

禁煙による呼吸器症状の改善までにかかる時間、日数について

喫煙は、体に様々な影響をもたらします。これは医学的にも実証されています。たとえば、高血圧や脳血管疾患の発症リスクを高める要因の一つとして喫煙は挙げられています。特に、有害物質が含まれた煙を吸い込むことから、喉や肺と言った呼吸器系統に与えるダメージは非常に大きいとされており、呼吸器症状や呼吸器疾患の発症リスクを高めるとされています。煙草を吸うことであらわれる呼吸器症状としては、せきや痰、また喘鳴などが挙げられます。それらが進行していくと、声が出し辛くなったり、平時でも息苦しさを感じるようになったりします。こうした呼吸器症状は、喉や肺と言った煙草の煙に直接触れる気管からの症状のため、煙草を吸い始めてから比較的、早い段階であらわれることが多いです。だからこそ、逆を言えば禁煙を始めてから比較的、短時間で、その改善を見ることができるとも言えます。勿論、そこには個人差があります。しかし、たとえば禁煙を始めてから8時間後、最後の1本を吸い終えてから8時間後には血液中の一酸化炭素の濃度が減少することにより体内の酸素濃度が、少しずつ回復していきます。そのため、息苦しさが緩和されたり、喉の痛みに改善を認めることが多くあります。このまま禁煙状態を続けると、体内の酸素濃度はますます回復しますし、煙によって汚れていた肺も、体内の血液が循環されることできれいになってきます。すると、呼吸器症状はますますあらわれにくくなり、明らかに呼吸が楽になった、喉の痛みやイガイガが明確にしなくなったなどの改善を認めることができます。これは、最短で禁煙を始めてから3日程度で実感することができます。つまりたった3日でも、1本も煙草を吸わなければ、これだけの効果があらわれてくるのです。禁煙に取り組む際も、まずは呼吸器症状の改善を目的に始めてみると、効果が実感できるのも早いため、長続きするかもしれません。

続きを読む